浅草酉の市ホーム淺草酉の市ニュースご利益福めぐり洒落て学ぶ粋に遊ぶ関連リンク酉の市交通ガイドマップ











酉の市は、11月の酉の日(十二支)を祭日として、浅草の酉の寺(鷲在山長國寺)や各地の鷲神社、大鳥神社で行われる、開運招福・商売繁盛を願う祭りで、江戸時代から続く代表的な年中行事です。
江戸時代には「春を待つ 事のはじめや 酉の市」と芭蕉の弟子其角が詠んだように、正月を迎える最初の祭りとされていました。
当時“酉の町”“酉の祭”(とりのまち) ともいわれ、11月の最初に巡ってくる酉の日(一の酉)が一般的に重んじられたようです。
酉の日の祭日が12日おきに巡ってくるため、祭りが2回の年と3回の年があり、現在でも「三の酉」まである年は、火事が多いといわれています。

酉の市の始まりは、江戸近郊に位置する花又村(現在の足立区花畑にある大鷲神社)であるといわれ、祭りの形態も、当初は近在の農民が鎮守である「鷲大明神」に感謝した収穫祭であったと伝えられています。祭りの日、氏子たちは鷲大明神に鶏を奉納し、終わると集まった鶏は浅草の浅草寺まで運び、観音堂前に放してやったといわれます。

当初武士の参詣が多かったと伝えられますが、やがて江戸市中からは武士だけでなく、町人がこぞって参詣するようになります。社前では年末の一発勝負を賭けた辻賭博が開帳され、にぎわいました。しかし、安永年間に出された賭博禁止令を境に、その盛況は浅草へと移ってゆきます。


江戸名所図会に描かれた鶏を納める図
鶏は藁づとに入れて運んでいることがわかる。

当時、花又村を『本の酉』、千住にある「勝専寺(赤門寺)」を『中の酉』、長國寺が別当をつとめていた、浅草の鷲大明神を『新の酉』と称し、この3ヵ所の酉の市が有名でした。

なかでも、浅草長國寺の『新の酉』は、東隣に新吉原をひかえていたこともあり、鷲妙見大菩薩(鷲大明神)が長國寺に迎え移され祀られた明和8年(1771年)頃から一躍最も高名な酉の町として知られるようになり、今日に至っています。

市での代表的な名物は、縁起熊手です。
金銀財宝を詰め込んだ熊手で、運を「かっ込む」、福を「はき込む」といって開運招福・商売繁盛を願った、江戸っ子らしい洒落の利いた縁起物です。
翌年の更なる招福を願って、熊手守りは年々大きな熊手に換えてゆくのが良いとされます。
一方、浅草酉の寺では、江戸時代から開運招福のお守りとして、たわわに実る稲穂を付けた、小さな竹の熊手「かっこめ熊手守り」を授与していました。このお守りは、今も市の日に限り、酉の寺や各々の神社から授与されています。

そのほかにも、江戸時代には唐の芋を「頭の芋(かしらのいも)」と名付け、食べて人の頭になるように、粟餅を「黄金餅(こがねもち)」と称して、黄金持ちになるようにと、あちこちで売られ、大変な人気があったようです。

現在の浅草酉の市では、頭の芋を商う店は一軒だけになり、黄金餅(粟餅)は見当たりません。かわって、切山椒(きりさんしょ)と呼ばれるお菓子が名物です。

浅草酉の市サイトマップ | ご感想、質問、お問い合わせ | 酉の市携帯サイト | English | 淺草酉の寺 長國寺
 このサイトは江戸時代から酉の市を開いている、浅草田圃酉の寺「長國寺」がリリースしています。
 酉の寺 長國寺 / 〒111-0031 東京都台東区千束3-19-6
© Copyright 2002-2003 Juzaisan Chokoku-ji All Rights Reserved.